新入社員研修

エンジニア採用の場合は当社の教育部門『TechFun.jp』にてJava言語を用いたプログラミング研修を行います。研修期間は未経験者の場合は3ヶ月、微経験者の場合は知識や保有スキルに応じて1~3ヶ月間の研修となります。
実務経験豊富な先輩社員が講師となり、丁寧に解説やサポートを行いますので、未経験の方でも安心して研修に取り組むことができます。

研修風景

研修は講義形式ではなく『StudySmile(eラーニング)』のオリジナル教材を見ながら、実際にプログラムを書きながら進めていく形式ですので、退屈せずに取り組むことができます。Javaの基礎から始まり、データベースの学習、Javaとデータベースの連携、Servlet/JSPに至るまで、基礎的な内容を確実に理解することができる教材となっています。
また、Spring Bootという主流となっているフレームワークについても学習しますので、より実用的で応用的な技術についても身に付けることができます。

オリエンテーション ビジネスマナー、IT基礎、開発工程、フローチャート
Java基礎 Javaの基本、クラス、よく使うクラス、配列
カプセル化、継承、ポリモフィズム、例外処理、入出力ストリーム、
コレクション、JavaBeans、実践演習、単元テスト
データベースSQL・Javaデータベース データベースSQL、JDBC、実践演習、単元テスト
Javaサーバーサイド Web概要とHTML、サーブレットの基本、JSPと連携
クッキーとセッション、データベース連携、実践演習、実装テスト
Springフレームワーク Spring概要、Spring Bootの基本、ビュー
コントローラ、入力チェック機能、データベース連携、実践演習
テスティングフレームワーク テスト手法、Junit、DBUnitの基本、JMockitの基本、実践演習

基礎的な内容が身に付いた後は、研修の総仕上げとして「模擬プロジェクト研修」を行います。こちらの研修ではWebシステムの企画・要件定義からはじまり、設計、プログラミング、テスト、プレゼンテーションに至るまで一般的なシステム開発の工程に沿ってひとりで行います。毎回企画で大いに盛り上がります。
これまでの模擬プロジェクト研修の作品例は以下の通りです。
https://techfun.jp/graduation-work/
プレゼンテーションの様子は、こちら↓

模擬プロジェクト研修 企画立案、要件定義、画面設計、テーブル設計、詳細設計
プログラミング、テスト仕様書作成、テスト、プレゼンテーション

模擬プロジェクトで研修は終了となりますが、予定よりも早く研修が完了した場合にはシステム開発で必要となる周辺技術についての追加研修を用意しています。
追加カリキュラムでは構成管理やアプリケーションのデプロイ、ネットワーク、Javascriptについて学びます。

Git基礎 Gitの基礎知識、使い方、トラブルシューティング
Javascript基礎 Javascriptを用いた入力チェックの実装、jQueryを用いた書き換え、
Ajaxを用いた非同期通信の実装
サーバ・ネットワーク基礎 ネットワークの基礎知識、仮想環境を用いたアプリケーションデプロイ

研修中は、学習の進め方などの悩みや不安の解消を目的として『カウンセリング』を設けています。
経験豊富な先輩社員が新入社員の悩みを真摯に受け止め、本人に合ったアドバイスを行います。

研修風景

研修中は講師だけではなく、他の先輩社員がメンターとしてフォローを行います。
メンター自身も未経験からスタートした人がほとんどなので親身に相談に乗ってくれます。

研修が完了した後は、講師やメンターのもとを離れ、いよいよ本番プロジェクトへの配属となりますが、 本番プロジェクトにおいても、先輩社員がOJT担当として最長1年間、教育・フォローを行います。 プロジェクトを通じて成長を実感しながら、徐々に慣れていくことができます。