東南アジアの慣れない国で 日本人学生がインターンに挑戦! in Tech Fun Myanmar

こんにちは!
Tech Fun広報担当のなべです(‘◇’)ゞ

ミャンマーのヤンゴンにある Tech Fun 株式会社の子会社 Tech Fun Myanmar Co., Ltd. でインターン生として頑張っている日本人学生にインタビューしました!

■ なぜミャンマーでインターン?

もともと、海外で働くという経験をしてみたく、インターン先を探していた時、
Tech Funに出会いインターンをさせていただくことになりました。
今では、ミャンマー生活にも慣れ、ミャンマーをどんどん好きになっています。

■ 3ヶ月のJava研修は順調?

とても楽しく研修を行えています!
プログラミングに関しては、大学で少し触れた程度の知識しかなかったので、難しいと感じますが、研修を進めていく上で自分の知識が増えて行くことに面白みを感 じることが多くなりました。

■ ミャンマーの生活について教えて!

ミャンマーの1番の良さは何といっても治安が良い!というところだと思います。
ミャンマーの人々は噂通りみんな優しいです。
例えば、ミャンマーのローカルレストランは、英語を話せる店員さんが少ないですが、みんな笑顔で優しく接してくれます。
しかも安い!
特に、ミャンマービールがものすごく安くて美味しくて、最高です!
でも、、、やはり東南アジアなので、ところどころ汚いなぁと感じることはあります。これは、良いことなのか分かりませんが、2ヶ月間以上生活しているうちに少しずつ、ミャンマーに適応しています。髪型もミャンマースタイルです(笑)

■ ミャンマーに来て困ったことは?

正直そこまで大きな困難に直面したことはないです。毎日楽しんでます!

■ 英語は上達した?

そこまで上達したと思えないです。
ですが、Tech Fun Myanmar スタッフとのコミュニケーションは英語のみなので、
自分から英語を話そうという意識は向上してきていると思います。

■ ミャンマー人の英語力は?

ミャングリッシュは~… うーん。
今でも聞き取れないことは多いですが、最初は本当に英語なの!?と思うほど聞き取ることが難しかったです。
例えば、ミャンマースタッフが、「Girl」と言っているのが、どうしても「ゲイ」にしか聞こえなく苦労しました。
最終的にスペルを書いてもらい理解することが出来ました。他にもミャンマー人は語尾を発音しないことが多いです。なので、日常会話ではどれだけ想像力を働かせられるのかが大切です。

■ まとめ

インタビューありがとうございました。
日本で、普通の大学生活を送るのも悪くは無いと思いますが、ミャンマーでは貴重な経験が出来ているのではないでしょうか。生活も楽しそうでした!



コメントは利用できません。