【必見!】おすすめの英語学習方法!

当社がグローバルに事業を展開できるのは、エンジニアの育成はもちろんのこと、英語学習にも積極的に力を入れているためです。
社員には英語が得意な人材が多く、英語の学習方法について頻繁に意見を交換しています。 

今回は、エンジニアとしても活躍し英語が堪能な社員のY.Nさんに、おすすめの英語学習方法を聞いてみました。

英語学習を始めたきっかけは何ですか?

中学生になり英語の授業が始まりましたが、はじめは単語や文法が分からず苦手意識がありました。
苦手意識を克服したきっかけは、中学2年生の時です。当時の担任が、教科書には記載されていないフレーズや海外文化のことなどをたくさん教えてくれ、英語が好きになりました。 
それからは、洋楽や洋画、海外のお菓子に触れ、「めっちゃイケてるやん!」、「海外文化カッコイイ!」と思い、英語の勉強に本腰をいれました。

英語が話せるようになるまでの経緯を教えてください。

大学在学中にニュージーランドに一ヶ月、アメリカに一年留学し、ニュージーランドは語学メイン、アメリカは英語+ビジネス、人類学、民俗学などを勉強していました。
ちなみに、半年くらい日本語を話さないようにしていたら、「私、行った、ジムに、友だちと、先週末」みたいな感じで日本語が出てこなくなり、自分に衝撃を受けました。(笑)

他には、アメリカのドラマ、映画、トークショーとかをたくさん観て英語に触れる環境を作りました。英語の言い回しは、聞く→調べる→使う、で覚えたり…
あとは、英語圏の外国人の友だち作って色々話したりしていてました。

この勉強はダメだった、というエピソードがあれば教えてください。

単語だけ覚えようとするのは向いていませんでした。 人によるのかもしれませんが、文章やシチュエーションと一緒に覚えなければダメなんだ、と学びました。
無駄になった自作の単語帳がたくさんあります。(笑) 

その後、英語をひたすら聞くこともしてみましたが、これも違いました。 やっぱり聞くだけでもしゃべれるようにならない。聞いて、理解して、調べて、かつ使うのが一番効果的です。
そこで、私の場合は、記憶力に頼るよりもイメージとか音で強制的に覚えることにしました。

例えば、 
喘息:asthma
→発音が「アズマァ」なので、「アズマさんは喘息です。」とか。

禁止:ban
→発音が「バン」なので、「バンと机をたたいて禁止する」とか。

大虐殺:massacre
→発音が「マサカア」なので、「マサカの大虐殺」とか。
(massacreは、SFとか戦争系映画観てるとよくでてきてます!)

あんまり難しいことをしようとすると、やる気が続かないし悲しくなります。ちょっと背伸びするくらいがよいと思います。

最後に、今後の目標やモチベーションにしていることを教えてください。

余生は日本以外の街に住んで色々と旅に出たいので、英語の勉強は継続します。
英語の細かいニュアンスもきちんと理解できるようになりたいです。
TechFunミャンマーと日本の社員全員が、もっと近い関係性を築けたら楽しいなと思います。

Y.Nさんありがとうございました!



コメントは利用できません。